金堂礎石kondo-soseki

境内のほぼ中央に、大きな石が並んでいます。これは創建当時の金堂の礎石です。そのほとんどが元あった位置に現存しています(36個中33個)。礎石から上部構造を復元すれば、東西十四間、南北七間の大堂であり、現存建物では奈良唐招提寺の金堂とほぼ同じ規模です。

境内全域にほぼ段差が段差がなく車椅子で全てお参りできます*個別お堂の参拝には段差がございます

PAGE TOP