新着情報news

ARCHIVES

大日如来像の制作経過報告

2019.04.13

現在、彫刻家の大森暁生氏によって制作中の大日如来像の台座です。

八頭の獅子が如来の座る蓮華座を支えます。

この造形は金剛頂経という経典に基づくものであり、弘法大師はその経典を基に

東寺の立体曼荼羅の本尊・大日如来像を構想したと考えられます。

 

3人のスタッフが作業中の円形の造形物は仏像の光背です。

直径は230cmあります。台座と組み合わせた全高は約4メートルにも及ぶ予定です。

金剛界曼荼羅の中心的尊格である金剛界三十七尊と呼ばれる37体の

化仏(光背に取り付ける小さな仏像)が取り付きます。

化仏の37体はそれぞれ、最も正当な曼荼羅と考えられる御室版曼荼羅に基づき、

異なった持物や印相を表現します。ここまで忠実に御室版曼荼羅を立体化することは

歴史上初めての試みです。

讃岐國分寺のウェブサイトがオープンしました

2019.03.28

この度、讃岐国分寺のウェブサイトを公開いたしました。
これからも讃岐國分寺を
皆様どうぞ宜しくお願いいたします。

2 / 2 1 2

境内全域にほぼ段差が段差がなく車椅子で全てお参りできます*個別お堂の参拝には段差がございます

PAGE TOP