新着情報news

ARCHIVES

大日如来像制作のご報告 彩色作業も着実に進んでおります。

2020.08.02

大日如来像制作の進捗のご報告です。

獅子の彩色が着々と進んでおります。
漆と金箔、そして彩色によってより生命感が増した獅子の姿を見ると、
まるでこのままの生き物が現実に存在するのではないかと錯覚してしまいます。
そのリアルさには息を飲むばかりです。

 

コロナウイルスが猛威を振るう中、
彫刻家の大森暁生先生の工房では、
彩色担当の日本画家の塩崎顕先生をはじめ、
スタッフの皆さんがマスク、換気、消毒など感染防止に配慮しつつ、
製作を進めていただいております。
これもある意味ではコロナウイルスとのひとつの戦いと言えるでしょう。

 

我々は今、困難に直面しておりますが、
それに負けず、むしろそこからさらなる学びを得て、
コロナ後の世界がより良いものとなるよう
一日一日を懸命にこなしていく他ありません。

 

今、新型コロナウイルスによって多くの人が心に深い傷を負っています。
今造立中の大日如来像がその傷を癒し、コロナ後の世界を照らす希望の灯となるよう願ってやみません。

境内全域にほぼ段差がなく車椅子で全てお参りできます*個別お堂の参拝には段差がございます

PAGE TOP