新着情報news

ARCHIVES

大日如来像制作の進捗報告

2022.09.11

讃岐国分寺が皆さんと一緒に取り組む「空海の大日如来像」再現造立プロジェクトの進捗報告です。

東京に制作の打ち合わせに行ってまいりました。いよいよ彫刻の作業が終了し、本体の漆塗りの工程に移りました。大森先生曰く、「いつまでも触っちゃいそうだから踏ん切りをつけるために住職が居るときに漆塗りをやってしまおう」とのこと。

専門の仏師さんの場合、漆塗りは漆塗りの専門の職人さん、箔押しはまた箔専門の職人さんがそれぞれ担当するわけですが、今回はすべて大森先生の工房で、ご自身とその指示を受けた彩色スタッフさんたちが大森先生の目の届く範囲ですべての工程を行います。専業仏師さんの分業制はそれぞれが熟練のプロの素晴らしい完成度という良さがあり、今回の大森先生のやり方はすべてを大森暁生がコントロールできるという良さがあります。

大森先生曰く、年内に完成とのことです。お堂の方の内装施工などの段取りもあり、公開は来年、弘法大師御生誕1250年記念の年になります。本体が漆塗りの工程に入ったことで私も徐々に完成の実感が湧いてきました。あとちょっと!最後まで気を抜かず工房のみんなと全力で走り切りたいと思います。

境内全域にほぼ段差がなく車椅子で全てお参りできます*個別お堂の参拝には段差がございます

PAGE TOP