新着情報news

ARCHIVES

1/21よりクラウドファンディングを開始します!

2021.01.02

新年1月21日より、『READYFOR』にてクラウドファンディングの開始が決定いたしました。

2013年4月からこれまで約8年間、団体バスのお遍路さんに対して、口頭で仏像造りの主旨を説明して寄付を募るという昔ながらの伝統的な勧進の方法によって資金を集め、制作を進めてまいりました。当初は現在のような壮大なスケールのものになるとは、私本人ですら夢にも思っておらず、賛同者の思いが寄り集まり、また大森暁生という特異な彫刻家の才能とエネルギーを総動員して、計画自身が私の手を離れて皆さんとともに成長していったように感じております。順調に資金も集まり、ほぼ7割から8割の完成度というところまで来ております。

 

ところが、思いがけず、新型コロナウイルスによって団体バスのお遍路さんが突如として消滅してしまうという事態になってしまいました。2021年1月現在、団体バスはおろか、少人数による遍路ツアーさえもほぼゼロの状態であり、口頭による勧進の機会そのものが失われてしまいました。

 

そこで、悩みに悩みぬいたあげく、クラウドファンディングによる勧進によって仏像の完成を目指すことを決断いたしました。聖武天皇や弘法大師がそうしたように、仏像造りというものは大勢の市井の人々とともに力を合わせて成し遂げることにこそ、その本質的な価値があり、それでこそ本物の「みんなにとっての仏像」となるのです。当山が目指しているのは、まさにそんな仏像です。

 

コロナ下の今、痛みや苦しみを共有しながら、同時代を生きる人々の力を合わせて仏像造りを成し遂げる、そのための機会としてクラウドファンディングを今は前向き捉えております。その方法でなければ、この仏像造りに参加することも、知ることすらなかった人も居られると思います。真言宗のバイブルである大日経の神髄である三句の法門にある「方便を究竟と為す」(現実的な手段/実効力があることにこそ、究極的な価値がある)の教えに沿って解釈するならば、クラウドファンディングはまさにその方便門であり、今の時代に合った最適な方法と考えております。

 

募集開始日は1/21日、初弘法の日と決定いたしました。一人でも多くのかたにご参加いただきまして、今を生きる人々にとって希望の光となる、「血の通った仏像」をつくりあげ、それを悩み苦しみを抱える多くの人々に見ていただき、心のよりどころにしていただきたいと切に願っております。お大師様による真言密教の根幹をなすメッセージを私なりにひとことで表現するならば、

“この世界は、生きる価値がある。あなたの人生は、生きる価値がある”

ということです。

お大師様と密教経典に込められた衆生救済の思いが、この仏像を通じて多くの人に届きますように。みなさまのクラウドファンディングへのご参加・ご協力を、謹み敬ってここにお願い申し上げる次第です。

合掌

令和三年一月吉日

讃岐國分寺住職 大塚純司九拝

讃岐國分寺メッセージ看板(令和二年十二月二十八日 境内正面参道沿いに新設)

芸術新潮12月号に大日如来再現の記事が掲載!

2020.12.05

新潮社より発行の芸術新潮12月号に芸術新潮特別企画記事

『彫刻家、大森暁生 幻の大日如来像を蘇らせる』

と題した記事が二ページに渡って掲載されております。

如来像の頭部を彫刻中の大森暁生先生の写真が大きく掲載されておりますが、

彫刻家らしい威厳と気魄のこもった見事な写真だと感服いたしました。

とくに手が印象的です。まさに彫刻家の手、といった印象を強く受けました。

皆さんぜひご一読いただければ幸いです。

山陰中央新報の第一面に記事が掲載されました

2020.10.30

山陰中央新報に第一面カラーで大日如来像再現の記事が掲載されました。
同紙は山陰地方でもっとも講読者数の多い第一紙です。

彩色班のメンバーとしてご尽力いただいている日本画家の永岡郁美さんが出雲のご出身ということで、地元出身の永岡さんの活躍を紹介するという視点で大日如来像再現プロジェクトをご紹介いただいております。

島根県、鳥取県のお遍路さんからも大勢、ご寄付をいただいておりますので、そのかた達もこの記事を見て喜んでいただけたことと思います。このような機会を頂き、永岡さんと山陰中央新報社さまには心より御礼申し上げます。たいへん光栄に存じます。まことにありがとうございます。 合掌

アートコレクターズ11月号に対談記事が掲載されます。

2020.10.16

月刊『アートコレクターズ』11月号-現代作家が挑む宗教と美術-(生活の友社 10/25発売)に、
彫刻家の大森暁生先生と当山住職との対談記事が全6ページに渡って掲載されます。対談は当山の大日如来をお祀りするお堂にて去る10月1日にて収録されました。

大日如来像の最新の製作状況の画像が掲載されておりますと共に、今回の仏像製作の発端である当山住職と大森作品の出会いから現在に至るまでのストーリーが詳細に語られております。

また発願のきっかけと今回の大日如来像製作に込めた想いもかつてないほど詳細に記述されております。そしてコロナ下の今、一宗教者として世の中に向けてのメッセージも込められた充実した内容となっております。ぜひ、書店あるいはネットにてお買い求めいただき、御一読いただければ幸いです。

(なお、掲載画像はYouTubeの大森暁生チャンネルの動画製作を担当される若手女流映画監督、富田未来監督によるものを許可を得て使用しています。)

大森暁生工房のYou Tubeチャンネルが公開されました。

2020.06.10

当山の依頼で大日如来像を制作中の彫刻家・大森暁生氏が工房のYou Tubeチャンネルを開設されました。

大日如来像の制作の模様などが動画配信されております。

今後も、制作の模様や氏の活動が随時更新されますので、ぜひチャンネル登録の上、ご覧くださいませ。

仏像だけでなく、すばらしいアート作品を生み出すクリエイターです。

D.B.Factory Film vol.1~3

https://www.youtube.com/watch?v=Vl2MfG3wwSE&t=6s

https://www.youtube.com/watch?v=DY714XyxWp8

https://www.youtube.com/watch?v=9kO3suged-Y

 

KSBスーパーJチャンネルの特集ニュース「大日如来像再現」動画が公開!

2019.06.05

KSB瀬戸内海放送の夕方のニュース番組、KSBスーパーJチャンネル内の特集ニュースのコーナーで

当山が取り組む大日如来像再現が取り上げられ、6/5に放送されました。

同日中にKSB放送のYouTube公式チャンネルにおいて動画がアップロードされておりますので

ぜひ、全国の皆様ご覧くださいませ。

大日如来造立が令和元年5/16日発行の毎日新聞に掲載されました

2019.05.18

当山が取り組んでおります弘法大師の大日如来像再現事業が、

5/16日発行の毎日新聞に掲載されました。

共同通信高松支局の記者の方が、東京の工房にまで足を運んで頂き、

ずいぶんと時間をかけて丁寧にインタビューや取材をしてくださり、

大変充実した記事を書いていただけました。

これまでメディアでは取り上げられなかった発願のきっかけや

今現在の状況に至るまでのストーリーを丁寧にお伝えいただけていると思います。

画像をクリック(タップ)していただければ拡大されますので、

ぜひ、ご一読くださいませ。

なお、毎日新聞からネットでも配信されているようです(要会員登録)。

 

1 / 1

境内全域にほぼ段差がなく車椅子で全てお参りできます*個別お堂の参拝には段差がございます

PAGE TOP