新着情報news

ARCHIVES

讃岐國分寺のロゴマークを作成いたしました

2019.05.25

 

讃岐國分寺のロゴマークを作成いたしました。
四国には各県ごとに国分寺がありますが、
讃岐國分寺だけが正式表記として國の字を使用(本山への登録名)しており、
それ以外の三つは国分寺表記です。

 

以下、新ロゴマークの意味について。
当山は寺紋として公式には聖武天皇勅願を表す十六弁菊紋を
使用しており、それは今後も変わりません。
しかし、授与品やグッズに使用するのは畏れ多く、
令和の時代を迎えるにあって、公式ウェブサイトの公開とともに

ロゴマークを新たに作成致しました。

 

國という漢字の草書体をもとにしたデザインですが、
これは讃岐國分寺が創建当初の聖武天皇の想いを
天平年間から一貫して受け継ぎ、大切に守り、
日本という国家国土の平和と、
そこに暮らす人々の幸福を祈る寺であること、
つまり国家と国民のための寺であるという根本理念、
寺院としてのアイデンティティを國という漢字が表しています。

 

それと同時に四角の中に丸がある構図は、
金剛界曼荼羅の根本(成身)会の基本構造に合致することから、
マンダラも意識してデザインしています。
今制作中の金剛界大日如来座像ともここで意味が重なります。

 

当山は現在、弘法大師空海が開布した真言宗の寺院であり、、
四国八十八ヶ所の札所として多くの参拝者にお参り頂いております。
現在の信仰の基盤である空海の真言密教のシンボルである曼荼羅と
創建時の聖武天皇の護国安民の願いを重ね合わせたのが
この新しいロゴマークです。

 

皆さん、讃岐國分寺の新しいロゴマークをどうぞよろしくお願いします。

大日如来造立が令和元年5/16日発行の毎日新聞に掲載されました

2019.05.18

当山が取り組んでおります弘法大師の大日如来像再現事業が、

5/16日発行の毎日新聞に掲載されました。

共同通信高松支局の記者の方が、東京の工房にまで足を運んで頂き、

ずいぶんと時間をかけて丁寧にインタビューや取材をしてくださり、

大変充実した記事を書いていただけました。

これまでメディアでは取り上げられなかった発願のきっかけや

今現在の状況に至るまでのストーリーを丁寧にお伝えいただけていると思います。

画像をクリック(タップ)していただければ拡大されますので、

ぜひ、ご一読くださいませ。

なお、毎日新聞からネットでも配信されているようです(要会員登録)。

 

大日如来像制作の進捗状況のご報告

2019.05.08

大日如来像制作の進捗状況のご報告です。

現在、台座と光背の大部分が出来上がっております。

光背に取り付ける37尊も着々と出来上がりつつあります。

いよいよ、大日如来本体像の製作に取り掛かる段階です。

台座と光背の大きさが人物との対比でおわかりいただけると思います。

台座はさらにこの下に台がきますので、もう少し高くなります。

光背の直径は230cmあり、台座から光背の頂点までの高さは約4mほどになる予定です。

獅子八頭はそれぞれ八大明王をモチーフとしており、

蛇が巻き付くのは軍荼利明王です。

馬頭明王は馬を従えております。

彫刻家の大森暁生先生がこだわり抜いた魅力あふれる造形となっております。

予定よりも計画自体が大規模化し、クオリティも一切の妥協を排して取り組んでいるため、

完成時期が大幅にずれ込んでおり、ご心配をおかけしております。

ですが、締め切りを設定した間に合わせのいわゆる「やっつけ仕事」ではなく、

弘法大師の求めた最高水準の芸術を、現代の技術とセンスで再現することこそ、

大師の理念に忠実であると考えます。

おまたせした分、ご期待以上のものをご披露できるはずですので、

もうしばらくお待ちいただき、温かい目で見守っていただけますよう、

ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

現時点では完成を令和三年頃と見込んでおります。

 

令和元年5/1より弘法大師賜号1100年記念オミエの配布がはじまりました

2019.05.08

令和元年5月1日より、弘法大師賜号1100年記念オミエの配布がはじまりました。

御詠歌と御本尊の梵字、弘法大師のお姿がデザインされた記念オミエです。

弘法大師号を醍醐天皇から賜って(延喜21年:921年10月27日)から

1100年目を2020年に迎えることを記念したものです。

配布期間:2019年5月1日~2021年12月31日(2年8ヵ月)
配布方法:掛け軸、納経帳にお納経いただいた方に無料で配布いたします。
※別途希望者には100円で授与いたします。

当山の御詠歌は

「国を分け 野山をしのぎ 寺々に 参れる人を 助けましませ」

梵字は千手観音を表す「キリーク」です。

この機会にぜひ皆さん、記念オミエを集めて、掛け軸や額、屏風などに仕立ててみてください。

2019年4月26日よりプスプスの授与がはじまりました

2019.05.08


瀬戸内国際芸術祭の県内連携事業として芸術祭の開催時期にあわせて

4/26日より、香川県内の22カ寺の札所におきましてプスプスの授与がはじまりました。

プスプスとは、県内の名所や特産品をデザインした厚紙製のオブジェのことです。

当山、八十番札所國分寺は釣り鐘と縁が深いことから、高松城となっております。

窓など細部までデザインされて良く出来ています。

配布条件は各寺院によって異なり、当山は弁財天の御朱印を受けた方に授与しております。

プスプスだけが欲しい方は全寺院共通で100円で授与しておりますので、

ぜひ、集めてみてください。

大日如来像の制作経過報告

2019.04.13

現在、彫刻家の大森暁生氏によって制作中の大日如来像の台座です。

八頭の獅子が如来の座る蓮華座を支えます。

この造形は金剛頂経という経典に基づくものであり、弘法大師はその経典を基に

東寺の立体曼荼羅の本尊・大日如来像を構想したと考えられます。

 

3人のスタッフが作業中の円形の造形物は仏像の光背です。

直径は230cmあります。台座と組み合わせた全高は約4メートルにも及ぶ予定です。

金剛界曼荼羅の中心的尊格である金剛界三十七尊と呼ばれる37体の

化仏(光背に取り付ける小さな仏像)が取り付きます。

化仏の37体はそれぞれ、最も正当な曼荼羅と考えられる御室版曼荼羅に基づき、

異なった持物や印相を表現します。ここまで忠実に御室版曼荼羅を立体化することは

歴史上初めての試みです。

讃岐國分寺のウェブサイトがオープンしました

2019.03.28

この度、讃岐国分寺のウェブサイトを公開いたしました。
これからも讃岐國分寺を
皆様どうぞ宜しくお願いいたします。

2 / 2 1 2

境内全域にほぼ段差がなく車椅子で全てお参りできます*個別お堂の参拝には段差がございます

PAGE TOP